スポンサーサイト-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出(3)ジョン2011-02-13 20:05

犬キャラグッズシリーズも、これで一段落。
我が家の犬キャラグッズ第一号、ティッシュカバー。
ティッシュカバーのジョン
ママ&パパが結婚した時から我が家にあります。かれこれ20年近くになるかな。
名前は「ジョン」。思い出の犬から貰った名前です。


「ジョン」と呼ばれたその犬は、
フルネームを、
「ジョン・ポール・ジョーンズ(John Paul Jones)」といいました。

飼主だった自称ロックンローラーのT君が、伝説的なロックバンド、レッド・ツェッペリンのベーシストからとって名付けたとか。
(ファンが聞いたら怒るんでないかい?(笑))

パパが学生だった頃、20年以上前のお話しです。

舌を出すジョン君

ジョン君は中型の雑種です。
まさとが、柴とシェットランドシープドッグの血を引いている、と言われるのだけど、
ジョン君の方が、らしいと思います。

T君は、ご両親と妹とジョン君の4人1匹で暮らしていました。

ジョン君によるこの家の序列は、次の通り。
 1.お父さん : 家長。一番偉い人。
 2.お母さん : ごはんをくれる人。お父さんによく尽くしている
 3.妹    : お父さんとお母さんに大事にされている
 4.ジョン君とT君 : 同じ飼われている身

序列を決めているのは家の間取りだと、当時からT君は言います。
ジョン君のおうち
間取り図は、概ねこんな感じ、です。(20年以上も経つと細かいところは記憶がどうも・・・)
お父さんからの距離で、ジョン君による序列が決まっているようでした。
つまり、ジョン君とT君は、この家において同じ待遇、とジョン君が思っていたらしい(笑)

T君の部屋に遊びに行って、サッシを開けると、いつもジョン君がいました。
フレンドリーで、犬を撫でる嬉しさを感じさせてくれました。
凛々しいジョン君
パパが覚えている、一番古い引き綱の感触は、このジョン君です。
元気いっぱいのジョン君に引っ張られ、あっち行ってこっち行って、になっていました(笑)
散歩の途中で他の犬とケンカになりかかったことも。
パパの中型犬好きはジョン君に始まります。


ジョン君は、犬好きをよく見分けました。
T君の家に遊びに来る仲間にも、犬が苦手というのが二人いて、いつも吠えられていました(笑)
そのうち一人は、犬が怖いくせにペットショップの二階に下宿していましたが。。。

卒業まであと1年という頃、
T君のお父さんが、予定外の転勤となり、T君一人残して引っ越して行かれました。
酒ばかり飲んでる学生一人では、犬は飼えません。
ジョン君は、ご両親が懸命に引き取り手を探した甲斐があって、お父さんの知人に貰われていきました。


嬉しそうなジョン君

ある時、まさとパパがT君に聞きました。
「ジョン君に会いたくないか?」
ジョン君を『うちのバカ犬』と呼んでいたT君は答えます。
「もう、うちの犬じゃないし。会いに行っちゃいけないんだ」
そう言って煙草に火を付けたT君の後姿は、とても寂しそうでした。

ジョン君のその後は分かりません。

学生談義に耳を傾けていた、でもないのでしょうけれど、
T君の部屋に何人か集まると、嬉しそうに覗き込んでいたジョン君を、今でも思い出します。


この記事のために、ジョン君の写真を借りたところ、
仔犬時代の写真が1枚。1980年代の初め頃かな?
パパがジョン君に出会った時には既に成犬だったので、今になって初めてみる、小さいジョン君です。
アングルが、ティッシュカバーっぽい(笑)
子供の頃のジョン君

ジョン君、懐かしいよ。ありがとうね。
幸せだったよね?


[パパ]
-----------

初め、T君に写真を頼んだところ
「自分の写真すら持ってない」
とうそぶいてました。
相変わらずのトゲはちょっと嬉しくもあるけれど、君の写真はいらないから(笑)

で、妹さんが大切に保管していたものをお借りしました。
現存するわずかな写真とのこと。
「写真のあと、鼻で穴を掘ろうとしてかさぶたになり、そこが禿げになって、鼻が大きくなっちゃったのよね(笑)」
と、エピソードが添えられていました(笑)
ありがとう~!
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

似てますね

ジョン、なんだかまさと君に似ている気がします。
もしかして、まさと君を選んだ理由の一つにそれがあったんですか?

Re: 似てますね

かねとしがばなーさん、こんばんは。

まさとを引き取りたいと強く希望したのはママでした。
ママが言い出してから、保護の経緯や預かり日記を見たのですが、
「この子なら」とすぐに思えたのは、やはりジョン君のお陰だと思っています。
とってもいい子でした(;_;)

[パパ]

No title

ジョン君のお話、とっても心に沁みました。本当に、その後、
幸せに暮らしてくれたと信じたいですね。いろんな事を考え
させられました。ありがとうございました。とっても可愛い
お写真もあって、忘れられないお話になりそうです。
うちのグーちゃん、良い兆候がありません。心が折れそうに
なりますが、こちらにもお邪魔させて頂いて、元気を頂いて
おります。まさと君、パパさん、ママさん、どうぞこれからも
マイペースでブログ、続けて下さいね。ご自愛くださいね。

Re: No title

勘太-モモのママさん、
昔話にお付き合い頂きましてありがとうございます。

やんちゃ盛りの学生時代に出会った犬ですから、もう身内のようなもの、
懐かし過ぎて、記事がなかなか仕上がらず困っていました(笑)
ジョン君は、ちゃんとした人に引き取ってもらったと聞いていました。
人懐こい明るい犬だったので、その後も幸せに過ごせたと信じています。

グーちゃんのこと、さぞお辛いことと存じます。
まさとが気分転換にでもなれば幸いです。負けないで頑張って下さい!

[パパ]

パパさ~ん

とってもいいお話です。
私もジョンくんとまさしゃんは似てるなぁって思いました。
こういう『縁』って、偶然の様であり、必然の様でもありますよね。
でもやっぱりどこかで繋がっていたから今、まさしゃんはパパさんとママさんの所にやって来たんでしょう。

ほんとに素敵な想い出話をありがとうございました。

それにしても、ちびジョンくん、ころっころでかわいい…(笑)

Re: パパさ~ん

pigmonさん、こんばんは。

本当に「縁」ですね。
ジョン君も、ママが実家で飼っていたカールも、我が家で初めての犬だった小春も、みんな中型犬。
みんな繋がっています。
保護されてからの経歴を見ても、まさとが我が家に来たのは奇跡的に思えます。

ジョン君の懐かしさは、それだけで力になります。
まさとが、もっともっと安心して過ごせるよう、飼主も頑張らなくては。

[パパ]

久しぶりにかきこ

ジョンくんの話、少し目がうるうる。。。
T君さん、きっと身を引き裂かれる思いだったでしょう。。。
だって、ウチの子取り上げられるような事があったら、
俺なら、死んじゃうんじゃないかと思います。
写真のようにちょっぴりセピア色の思い出になったでしょうか。。。

Re: 久しぶりにかきこ

Kouziさん、こんばんは。

大事な家族との別れは本当に悲しいです。
我が家で、前に飼っていた小春と、突然の別れになってしまったことを考えると、
T君も妹さんもご両親も、本当に辛かったと思います。
だからこそ、今を大事に、そして少しでも長く一緒にいられるよう、
目を配っていきたいと思っているところです。

[パパ]
そしてシルクへ
まさと亡き後、我が家の三代目となるシルクを迎えました。
一緒に可愛がって頂けたら嬉しいです。
シルクの散歩 (2011/11/6~)
プロフィール

まさとのママ&パパ

Author:まさとのママ&パパ

まさと:(雑種)
  生年不明です。
 誕生日は保護された記念日
 2月9日に決めました。

2010/5/2、家族になりました。
長く元気でいられる事を願っていましたが、
2011/3/31、永眠。

いつでも里親募集中
リンク (Tree-LINK)
小さな命を救うネットワーク
小さな命を救うネットワーク
小春の想い出
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。