スポンサーサイト-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂いたコメントへの返礼(2)2011-04-07 22:27

コージーママさん、応援ありがとうございました。
まさとは最後まで頑張りましたが、先へ進むことにしたようです。
もっと一緒に居たかったけれど、まさとはマイペースですし、私達に色々な思い出を残してくれました。
皆さんに愛され、心にかけて頂いて、幸せな犬でした。
コージーママさんをはじめ、皆さんに見守られて旅立ち、思い残すことはないのだろうと思っています。

イエローグリーンさん、安心という言葉に、なるほどと思い当たりました。
まさとの寝顔やワガママは、安心していたから。
そう考えると、散歩の好不調や、人間臭い反応なんかも分かる様な気がしてきます。
飼主は、最後までドタバタしていましたが、まさとはそんな環境に馴染んでくれていたと、そう思うことにしようと決めました。
ご声援ありがとうございました。

ヨーグルト好き!
2011/3/20撮影。ヨーグルトに目がないまさと。この後、箱までガシガシ、見事な歯型でした。


めぐさん、貴重なお話、応援ありがとうございました。
まさとが転げ回っていた昼間、目を手のひらで覆うと、少しの間静かにしてくれました。夜、照明を落としていると、比較的落ち着いて静かな時間が多かったので、暗くするのは効果があったようです。外飼用の犬小屋を室内に持ち込む事も考えたくらいです。見えないのも心配で止めましたけれど。
飼主にとって、まさととの時間は幸せでした。まさともそう思ってくれていたと信じたいです。
でも、まさとの一番の幸せは皆さんに支えられたことだと思っています。


…♪…さん、ご声援ありがとうございました。
飼主はブログの記事を書いて落ち着こうとしていました。まさとが寝ている間をぬっての事でしたが、
それでも、もっと寄り添うべきだったかなと思ってもいるところです。
まさとの最期が、実に穏やかな顔だったのが飼主の救いです。


カブママさん、ずっと応援してくださって、ありがとうございました。
何度も自分の愛犬のように心配してくださって、私達も嬉しかったです。
ずっとまさとの回復を信じていたので、お別れの時間が迫っていると知った時は本当に辛かったです。
でも、まさとの頑張りは「もういいよね、偉かったよ」と言ってあげたいほど立派なものでした。
近くの桜並木の下でまさとの写真を撮るのを楽しみにしていました。これができなくなったのが心残りです。
カブママさんが見守って下さった私達とまさとの時間は、充実した幸せなものでした。
犬が居る生活の素晴らしさを改めて感じています。
カブママさんが、カブちゃんとの生活を思いきり楽しんくださることが、まさとの供養になると思っています。

まさと部屋から
2011/3/20撮影。柵で囲ったエリアを気に入ったようなのが意外でした。


岡部あゆみさん、貴重な情報をありがとうございました。
年明けからオーガニック系の物に切り替えたのですが、まさとの場合はあまり大きな効果はなかったようです。
我が家に来た時から、姿勢や動きに普通の犬とは違ったことが多く、11ヶ月の観察の結果として、
元々神経に弱い部分を抱えていたようだ、ということになりました。
でも今は、まさとが精いっぱい生きて、最後まで私達が見守ってあげられてよかったと感じています。
まさとが、我が家で幸せだった事を祈るばかりです。

Kouziさん、ずっと見守って下さってありがとうございました。
富士丸君のお引き合わせが大きなきっかけでしたが、
私達がまさとに惹かれたように、まさとには、多くの方に気に入って頂ける不思議な魅力があったようです。
鏡やガラスに写る自分に見入っている、変な犬でしたけれど。
幸せなんだぞ、って言ってもらえたのが、まさとの一番の幸せだったと思っています。
もっと長く我が家に居てもらうつもりでいたのですが、今となっては、虹の橋の向こうにもまさとのファンが待っていることを願うばかりです。
今は楽しい思い出ばかりが浮かんできます。まさとと出会えて幸せでした。

きら星さん、応援ありがとうございました。
ぷちぷちシートのご推薦を頂いた後すぐ、ロールで入手し、柵の内側に張り巡らせました。
暴れるまさとの牙にあたって半日経たずにボロボロになり、何度か交換しながら、
更にコルクマットを間に挟んで補強していました。大量に残ったのが、回復してのことならよかったのにと残念でなりません。
ご飯はをあげる時は、「気管に入らないよう注意」と獣医さんに言われていたので、頭を膝に乗せていました。
普段なら嫌がってすぐ逃げているところですが、少しの間静かになったのは、落ち着いたからだったのですね。
まさととぴったりくっついていられたのが、せめてもの慰めです。

腰くだけ
2011/3/16撮影。この後も好調だったので、いつものヘタレだと思っていました。


cさん、ご声援ありがとうございました。
まさとと過ごした短い期間を振り返ってみると、イケメンだったり、ジイさん顔だったり、笑ってみたり威嚇してみたり、感情豊かな犬でした。
発作後の9日間は、まさとは長く苦しい思いをしたはずなのに、最期の静かな顔には言葉がありません。

pigmonさん、たくさん応援して下さって、ありがとうございました。
まさとは本当に魅力的で、可愛い子でした。(まだ親バカ言ってます)
私達はまさとにうるさがられながら、グルーミングをしたり、寝ぼけたまさとを散歩に連れ出したりして、楽しい充実した時間を過ごせました。
まさとは今頃、ママとパパのする『余計な』事から解放されて、のびのびしてるのかもしれません。
短い期間になってしまいましたが、まさとと過ごせた幸せな時間はきっと一生の宝物になるのだと思います。

ひなたぼっこと昼寝
2011/3/17撮影。ひなたぼっこと昼寝。


らぶさん、応援して下さってありがとうございました。
本当にあっという間にまさとが逝ってしまいました。
もっと長く我が家に居て欲しかったのに、こんなところまでマイペースです。
我が家に来た時から、あまり手のかからないいい子でしたが、最後まで手をかけまいと先を急いだように思えてなりません。
たくさんの方に見守られて、幸せな旅立ちでした。
まさとが居なくなって、動き回る犬がいない家の中はとても寂しいです。

サマンサさん、ずっと見守って下さってありがとうございました。
まさとと桜並木を歩く所をお見せできなくなって残念です。
最後まで立派に病気と闘ったまさとは、最後までカッコいい犬でした。
悲しい中にも、二人揃ってまさとの最期をみとってあげられた事は、私達の慰めになっています。
まさとには、たくさんの幸せや思い出をもらいました。
このブログで、まさとが心安く過ごしていたと思って頂けたなら、嬉しいです。
まさとが居なくなってしまって、気が抜けてしまいそうで、しばらくはこの感じが続きそうです。

mameさん、ずっと見て頂きましてありがとうございました。
まさとがあからさまに不調だったのは最後の9日間だけでした。
その直前まで、いつものゆっくりだけど好調に散歩をこなしていたのが嘘の様です。
まさとの散歩は、公園と緑道とを日課にしていました。私達をご覧になったのは、散歩コースのちょうど中間地点ということになります。
まさとがいなくなってしまい、散歩に出る機会が極端に少なくなってしまいそうです。
ご挨拶させて頂きたかったです。


眠いよ
2011/3/19撮影。ママの隣で寝そべるまさと。
この眠そうな顔が、年齢を物語っているのですが、とても可愛いんです。


[ママ&パパ]
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございました

パパさん、ママさんひとりひとりにご丁寧なコメントいただき本当にありがとうございました。
こんなにも愛されていたまさとくんがうらやましいって思いました。幸せを感じながら旅立ったこと、こんなにも愛されていたことを感じながら最期を迎えたこと、そして一読者の私まで幸せな気持ちにさせていただいたこと、いろいろなことを教えられたような気がします。本当にありがとうございました。
まさとくんはずっとパパさんとママさんの側に寄り添っていると思います。
私もずっとずっと忘れません。

No title

在りし日のまさとくんの目をみてるいるとママさんとパパさんに信頼をよせているのがよくわかります。きっと最後の11ヶ月はまさとくんにとって最高の日々であったとものがたってくれているようですよ。
ママさんパパさん、すごくがんばられたと思います。お二人に縁のある犬はきっとどの子も幸せだと思います。
最後になりました。お礼のコメントありがとうございました。

息子想い

パパさん、ママさんって本当にすばらしいご夫婦だと思います。
私たちひとりひとりにお返事下さるなんて、もちろん今までこのブログが始まってからずっとそうでしたが、とても疲れると思うのに、しっかり答えてくださってたのでコメした次の日とかはお返事を読むのが楽しみでした。
それもこれも、PC使えない(当たり前ですが)まさしゃんに代わってやってらっしゃった様で。
かわいい息子のためならエンヤコラだったんですよね?

だからパパさん、ママさん大好きです。

ゆうきちゃんが書いてました。
初めてまさしゃんを連れてお家におじゃました時と、今回駆けつけた時では、家の中ががらっと変わっていたって。
あっちにもこっちにもまさしゃんの物が溢れていて、床もまさしゃん仕様になってたって。

パパさん、ママさんのまさしゃんへの愛情がひしひしと感じられるお話でした。

ママさん、具合はいかがですか?
心労もあって、大変でしょうが、どうぞお大事に。
ここは今月末で区切りをつけるとの事ですが、閉鎖ですか?
寂しいです…。
でも、パパさんとママさんのブログです。思う様になさって下さいね。
まさしゃんの姿はいつまでも忘れませんから!

最後に。
まさしゃんは今でもパパさん、ママさんの側にいます。
パパさんとママさんが笑顔ならまさしゃんもきりっとしたいつものナルシストぶりを発揮しながら寄り添ってますよ。

桜が満開になったらそんなまさしゃんの心と一緒にお散歩してくださいね!

No title

mamaさん、papaさん。
傷心の中、お気持ちを奮い立たせてお返事をくだったのでしょうね。
御丁寧にありがとうございました。

mamaさんは、ご自身の体調管理でも色々と大変でしょうが
まさとくんとのお別れの哀しみは旦那様と分け合って、どうぞ乗り越えて下さいね。

No title

コメントありがとうございました。
前にコメントを投稿してから、なんとかメッセージを送りたいと投稿欄に書きだすんですが、なかなか言葉にならなくて、、、、、
追加されたまさとの画像を見る度に、やっぱりお前は幸せだったね。って思うんです。
だって、嬉しそうな顔、油断しきった顔、信頼できる家族の中でしか見せないような顔ばかり。。。
短い間だったけど、本当に良かったね。って。

それはそうとママさんは確か入院されるとかおっしゃってたような。。。お身体大丈夫ですか?
まさと。ちゃんとパパさんとママさん見守ってあげるんだよ。

No title

何度もお邪魔して申し訳ありません。溢れる思いを上手く、
伝えられず、コメントさせて頂いてしまいます。
ママさんは体調、悪いなかでの介護、本当に大変でした
でしょう。手術、きっと順調にいくと思います。ゆっくりお体、
治されて、心も少しずつ、ほぐれていきますよう、お祈りして
おります。パパさんは体調の思わしくないママさんを支えて
こられて、お疲れもあると思います。ママさんが回復される
まで、大変でしょうけれど、どうぞご自愛下さい。私はグー
ちゃんを見送り、グーちゃんの分、長く幸せでいて欲しいと
心から願ったまさと君を見送り、まるでグーちゃんを二度、
亡くしたようです。私もこうしてコメントを入れさせて頂く事で
自分の気持ちのバランスをとっているのかも知れません。
お許し下さい。お辛い中、私達のために頑張って下さる、その
誠実なお人柄に頭が下がります。本当に有り難うございます。
どうぞ、お体、休めて下さいね。

ありがとうございました

今頃まさとは虹の橋のむこうで元気に走り回っているんでしょうね。
グーちゃんや、富士丸や、キキ(先住犬)となかよくしてね。

まさとブログはカブとの暮らしのお手本でした。
写真もお話も上手なパパさん、ママさん一年足らずの間にファンになってました。
オトボケでへタレでナルシストなまさと・・大好きでした。

前にも書きましたがまさとはこの日を迎えるためにパパさん、ママさんの所に来たんだと思います。
私が言うのもなんですが幸せな日々をありがとうございました。

そしてここを覗く沢山の人を幸せにしてくださってほんとうにありがとうございました。

No title

生き生きした、まさとくんの姿に、まだ亡くなったことが信じられません。ブログを通して拝見させていただいている私でさえそうなのですから、一緒に暮らしていたパパさんとママさんの喪失感はかなりのことと思います。ふりかえってお写真をみさせていただいても、まさとくんは、あきらかによその人と、ご両親の区別がついていると思います。よその人には、気を遣い外向けの顔で、ご両親には素のままでいられたようです。それだけお家が気を使わず居心地がよかったのだと思います。長い間厳しい環境の中にいたので、食に感しては飢餓感が強く、噛んでしまったりしたように思います。でもそれは、一人で生きていくための自己防衛であり、無理からぬことだったと思います。何年もそのような環境であったのを、改善するにはきっと倍以上の月日が必要だったのではないでしょうか。もう一人でがんばって生きていかなくても、一生懸命守ってくださるパパさんとママさんに出会え本当によかったと思いました。そして、これまで回り道をした分、家庭犬としての楽しみを味わえると思っていたのですが残念です。いろいろな面をみせてくれたまさとくん、思い出は本当につきません。ブログは今月末までとのこと、残りわずかになってきてしまいましたが、楽しみにしております。

Re: No title

ラブママさん、こんばんは。
今まで撮り貯めたまさとの写真を見る度、短い間でも色々な事があったのだと、改めて気付かされます。
思えば、外の顔と家の中の顔が違うまさとは、まさとなりにTPOを考えていたのでしょう。
私達も、まさとがわがままを言えるくらい信じてくれたのだと思って、ある程度は噛まれる事や吠えられる事を許容していました。
もっと長く家に居てくれたら、ラブママさんのおっしゃるように、まさとの行動も変わっていったかもしれないとも思います。
一時はどうやって問題行動を直したらよいのか悩む事もありましたが、まさとのマイペースに付き合うつもりになったら、気にならなくなった事も多いです。
まさと自身からは感想を聞く事ができませんでしたが、まさとが気楽な余生を送れたのなら、私達も満足です。
そしてシルクへ
まさと亡き後、我が家の三代目となるシルクを迎えました。
一緒に可愛がって頂けたら嬉しいです。
シルクの散歩 (2011/11/6~)
プロフィール

まさとのママ&パパ

Author:まさとのママ&パパ

まさと:(雑種)
  生年不明です。
 誕生日は保護された記念日
 2月9日に決めました。

2010/5/2、家族になりました。
長く元気でいられる事を願っていましたが、
2011/3/31、永眠。

いつでも里親募集中
リンク (Tree-LINK)
小さな命を救うネットワーク
小さな命を救うネットワーク
小春の想い出
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。