スポンサーサイト-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、まさと2011-03-31 21:21

たくさんの励ましのコメントをありがとうございました。
残念ながら、今日 2011/3/31 17:35、 まさとが死にました。


3/28(月)頃から既に食欲がなく、口の中に食べ物を入れると少しだけ食べました。
水は、スポイトで口に入れると、飲んでいましたが、自力で水皿からは飲めない状態でした。

それでも、起き上がろうとドタバタ暴れていました。
暴れて柵に歯が引っ掛かって動けなくなったり、唇を切って出血していました。

3/30になると、何も食べなくなりました。
転がって暴れることもできなくなりましたが、前足だけはもがいていました。
呼吸が浅くなり、眼振も小さくはなりましたが続いています。

3/30の病院での診断。
「発作後1週間経つが、回復していない。左右の瞳孔の開きが違っている。
瞳孔は、脳の呼吸を司る部位の近くなので、回復しないと呼吸不全に陥る可能性がある。
通常、眼振の回復とともに食欲も戻るものだが、戻っていないし、力が弱くなっている。
点滴では限界がある。脳内のダメージが大きいと考えられる。最悪の事態も覚悟するべき」

今日、3/31午前11時頃の診断。
「縮瞳症状。あと24時間以内には呼吸停止」
体重は13.4Kgに低下していました。

病院では処置のしようがなく、覚悟を決めたママは、まさとを最後の散歩に連れ出しました。
最後の散歩
いつもの公園のあちこちで、一斉に花が咲き始めています。

パパは会社を抜け出し17時少し前に帰宅。
まさとの口に水を含ませていると、大量に血を吐きました。
再び病院へ。診断は、
「瞳孔は開いている。光に全く反応しない。今朝よりも呼吸が浅い。多臓器不全です」

最後の時間をどうするか、安定剤入れる(安楽死)か家で看取るか決めるように言われたので、
家に連れて戻りました。
そしてすぐ、17:30、パパが撫でていると呼吸が止まり、17:35には無反応になりました。

その後、病院へ報告と御礼に行きました。
「MRIでも血液検査でもレントゲンでも、何の異常もない、きれいな体です。
歯と骨からは、初めは若いようにも思いましたが、発作後の経過や、
1年近く経っても筋肉が付かないところみると、
実は17,8歳であってもおかしくはなく、加齢による神経系の問題と考えられます。
寿命なのかもしれません」

たまたま病院へ来ていて事情を知った近所のNさんから、お花を頂きました。
お花を頂きました
寝ているだけのようです。

パパの帰宅を待っていたかのよう、そして
来月には手術のため1週間ほど入院する予定のママを分かっていたかのようです。
飼主に看病の負担をかけまいとして急いだようでもあり、
今夏予想される停電時のエアコンなしも見越したかのような、
そんなタイミングでした。

まさとが我が家に来てから11ヵ月しか経っていません。
来てくれてありがとう、今はまだそれしか言えません。


[パパ]
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

そしてシルクへ
まさと亡き後、我が家の三代目となるシルクを迎えました。
一緒に可愛がって頂けたら嬉しいです。
シルクの散歩 (2011/11/6~)
プロフィール

まさとのママ&パパ

Author:まさとのママ&パパ

まさと:(雑種)
  生年不明です。
 誕生日は保護された記念日
 2月9日に決めました。

2010/5/2、家族になりました。
長く元気でいられる事を願っていましたが、
2011/3/31、永眠。

いつでも里親募集中
リンク (Tree-LINK)
小さな命を救うネットワーク
小さな命を救うネットワーク
小春の想い出
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。